組織運営でぶれてはならないのが、基本的な価値観です

企業運営の代表的な4つの組織モデル

組織運営は、外部と内部のどちらを重視するか、対応力と継続力のどちらを重視するかで4つのモデルに分けることができます。

このモデルは完全に分離しているものではありませんが、全く均等になることもありません。

業界や企業によって変わりますので、どのモデルが正解というものはありません。

しかしモデルを意識しておらず、突然変更してしまうと社内が大混乱になります。

事業承継など体制が変わった時に社員が退社してしまう理由の一つが、無意識のこの組織モデルの変化にあるとも言われています。


4つの組織モデルは次のものです。

なおこの呼び方は通常言われているものから、分かりやすさを意識して独自の呼び方に替えているものがあります。


1.資源異存モデル

 会社の外部に対して、柔軟に対応する組織モデルです。

 お客様の意向や、流行などに合わせて自社も運営していきます。

 売上や顧客個数の確保、シェア拡大などお客様から得るものが目標となります。

 新規事業や創業した方などは、このモデルで組織運営をすることが多くなります。


2.ステークホルダー関係モデル

 会社の内部に対して、柔軟に対応する組織モデルです。

 社員や、仕入など取引関係者との関係を意識して、運営していきます。

 教育やモラルの確保など、内部関係者の成長が目標となります。

 ホスピタリティ重視や、常連客の多い店舗などに多い組織モデルです。


3.目標値モデル

 会社の外部に対して、継続力を意識して対応する組織モデルです。

 目標値を設定して、その目標に対して内部の目標達成を意識して運営していきます。

 利益や、外部関係者を含めて考える生産性向上などが目標になります。


 ここで注意して頂きたいのは、売上はお客様からもらうものですが、利益は自分たちで生み出すものです。

 売上を増やすのと、利益を増やすのは方向性が違います。

 利益を増やすために、あえて儲からないお客からの注文を断るという選択肢も発生します。

 このポイントがぶれる企業が多いのですが、社員を含む関係者にしっかり理解をしてもらわないと混乱のもとになります。

 新事業や創業後に成長をして安定期に入った時、当初計画より収益が低く問題になった時に取る組織モデルです。


4.内部プロセス管理モデル

 会社の内部に対して、継続力を意識して対応する組織モデルです。

 ルールや非属人化を意識して運営していきます。

 ルールを定めることや効率的な情報管理などが目標になります。

 成長してきた企業が対象になります。従業員が30名を越えたらこの内部プロセス管理モデルを意識しましょう。

 このモデルを意識していないと、いつまでもベンチャー企業の感覚でキーマンが抜けた途端に事業が失速したり、ルールや法令順守の考えがいつまでも根付かな

 いことがあります。(ベンチャー企業に法令順守の考えが無いと言っているわけではありません)


企業組織が成長段階に合わせ、組織モデルも替えることが望ましいです。

しかしご自分ではどうすれば良いのか分からないことが多いのです。

そのような企業に、第三者の目をもって確認し、二人三脚で寄り添った支援をYF経営コンサルティングでは致します。

About us

  • 経営相談

    経営理念や方針、
    営業手法や人材教育などにいたるまでの
    具体的な施策を提案させて頂きます。
    ご連絡お待ちしております。

    ダウンロード (3)
  • 指導・支援

    何か抱えているお悩みございませんか?
    お悩みや課題は業界や業種によって異なります

    企業様の現状を把握したうえで
    しっかりとサポートいたします。

    ダウンロード (4)
お気軽にお問い合わせください。

お急ぎの場合は電話窓口まで、

お気軽にお問い合わせください。

営業時間 10:00~19:00

Access


YF経営コンサルティング

営業時間

10:00~19:00

定休日 不定休
代表者名 福田 幸俊
経営にまつわる様々なお悩みや目標に関して中小企業経営者様からのご相談を承っております。事業計画作成や販路開拓、公的資金調達、設備投資や財務戦略などの多角度から丁寧にコンサルティングいたします。ご相談に応じて軽やかなフットワークで対応してまいります。

Contact

お問い合わせ

ご入力の上、次へボタンをクリックしてください。